アイウォレットを使うならプリペイドカードが便利

投稿者: | 2018年5月23日

電子決済サービスならアイウォレット

オンラインカジノをスタートさせる場合には、海外業者への決済が必要となります。手段を講じておかなければなりません。

電子決済サービスならアイウォレット

電子決済サービスとは?

従来は、海外に拠点をおく業者との決済に煩雑(はんざつ)な手続きが必要でした。しかし、インターネットの発達により、現在では電子決済サービスの利用が一般的となりました。
これは、インターネット上にお財布を持つようなものであり、複数のオンラインカジノに対する決済を一元におこなえます。資金管理を容易にしますから、利便性の高いサービスです。
オススメの電子決済サービスは「アイウォレット」となります。つぎの項目で概要を紹介しましょう。

アイウォレットの利点について

アイウォレットの利点について

「アイウォレット」は電子決済サービスであり、これを利用すれば海外業者との決済を安全に代行してもらえます。
また、「VISAプリペイドカード」を発行しており、あらかじめ「アイウォレット口座」からチャージしておけば、現金の引き出しや加盟店でのショッピングを楽しめます。海外でのショッピングも可能ですから、旅行のお供にピッタリです。
それから、「1000ドル」までの上限ですが、「スタンダード会員」であれば本人確認書類の提出なく口座の開設が可能です。そのため、「3分」もあれば手続きが完了しますから、すぐに利用したいと考えるならば、「アイウォレット」を選ぶべきでしょう。

アイウォレットの欠点について

決定的な欠点は見当たりません。「エコペイズ」と比較した場合には、「取り扱いカジノ」の数が少ない点を欠点とする声が寄せられます。また手数料の面で「エコペイズ」より高いとする声があります。

アイウォレットのコンセプトについて

「アイウォレット」では、5つのコンセプトを掲げています。具体的には「安全性」「透明性」「利便性」「スピード」「リーズナブル」です。
これらは、ハイクオリティな「電子決済サービス」の条件となります。とくに、従来の国際銀行による手続きと比較した場合に、「スピード」面における差は歴然です。
また、「安全性」の面でも銀行に劣りません。この点については、政府や関連した行政機関による監査を受けている点を「公式ウェブサイト」に掲載しています。

アイウォレットのアピールポイント

お互いに「アイウォレット」口座を所有していれば、瞬時に送金が可能です。
オンラインカジノで活用する場合には、対応しているかを確認してください。また、対応通貨の幅広さがアピールされています。
具体的には「JPY」「USD」「EUR」「GBP」「SGD」「HKD」「CNY」の7通貨です。

さらに入金に関して「国際ブランド・クレジットカード」の利用が可能となっています。
また、口座をアップグレードさせれば利便性の高いプリペイドカードの取得を申請できます。使い勝手のよいカードですから、早めに入手しましょう。

送金手数料について

送金手数料

ここで「送金手数料」に着目しましょう。
個人間送金の場合には、「送金額の0.5%」が手数料として受け取り側にかかります。
ただし、法人から個人、もしくは個人から法人の場合には無料です。つまり、オンラインカジノ業者との送金手数料は無料と考えてよいでしょう。

口座のアップグレードについて

スタンダード会員では「1000ドルの上限」となるので、使い勝手が悪すぎます。口座をエグゼクティブ会員へアップグレードすれば上限額を撤廃できますから、早めに手続きを済ませましょう。
アップグレード方法は簡単で、「KYC書類」を提出すればOKとなります。ちなみに「KYC書類」とは「本人確認書類」と「住所確認書類」のことです。

これらについて、詳細に説明しましょう。まず、「本人確認書類」として使用できるのは、「パスポート」「運転免許証」「マイナンバーカード」です。「顔写真」が付帯していることが条件となります。
また、「住所確認書類」としては、「電気」「ガス」「水道」などの公共料金領収書や「金融機関」「電話会社」からの明細書が該当します。これらのコピーをアップロードすれば「KYC書類」の提出完了です。

 

プリペイドカードについて

「アイウォレット」では、口座のアップグレードにより「プリペイドカード」の取得を申請できます。正式には「VISAプリペイドカード」であり、VISA加盟店や加盟ATMでの利用が可能です。
「アイウォレット口座残高」からチャージができ、利用上限はチャージ分となります。注意しなければならないのは、月額の維持費用です。利用頻度にかかわらず、「毎月3.5ドル」が必要となります。
「プリペイドカード」の利用機会がないひとは、取得申請をしないでください。カードに付帯する手数料としては、POS&オンラインショッピングの取引ごとに「1.5ドル」が必要です。
加盟ATMを利用した場合には、取引ごとに「2%(最小限額3.5ドル・最大上限額7.5ドル)」が必要となります。上手に活用しないとロスが大きくなりますから、注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です