ネットカジノが日本の賭博法で違法とされることはあるのか

投稿者: | 2021年6月8日

日本では賭博法によってあらゆるギャンブル行為を禁止していますが、公営ギャンブルや海外拠点のネットカジノで遊ぶことに違法性はありません。
しかしネットカジノの場合、場合によっては違法性が問われるケースもありますので、必要最低限の知識はきちんと持っておくことが大切です。
実際に逮捕となり「知りませんでした」「わかりませんでした」は通用しません。
そこで今回の記事では、ネットカジノに日本の賭博法が適用されて違法と見なされることはあるのか?と題し、ネットカジノで違法と見なされるケースについて詳しく解説していきます。
ネットカジノを安心して楽しむためにも、是非参考になれば嬉しいです。

店舗型のネットカジノ・インカジ

店舗型のネットカジノ・インカジ
インターネットカジノ店、略してインカジ店とは、店舗を構えてネットカジノが遊べる店のことで、実際にお金の受け渡しが行われるため、完全なる違法店です。
いわゆる1円ポーカーや10円ポーカーなどのビデオゲームが進化した形で登場したのがインカジ店であり、東京や大阪などの都市部を中心に、日本全国で営業しています。
インカジ店が摘発されたというニュースがよく報道されていますが、インカジ店の胴元はもちろんのこと、そこで遊ぶ客も単純賭博罪によって逮捕されます。

ここで注意したいのが、インカジ店の中には堂々と「オンラインゲーム」や「カジノゲーム」などと看板を設置し、あたかも合法店のように営業しているインカジ店もあるということです。
どのような形態であれ、客にネットカジノをプレイさせ、その場でお金のやり取りが発生している時点で違法行為であり、合法の要素は全くありません。
以上のことから、店舗型のインカジ店へ出入りするのは避けるようにしてください。

胴元の拠点が日本にあるネットカジノ

胴元の拠点が日本にあるネットカジノ
ネットカジノに違法性はない!っと断言できる理由は、胴元であるネットカジノ運営者が海外を拠点にし、海外のサーバーを使用しているからです。
国内に胴元を置く、国内のサーバーを使う、このどちらか一つでも該当すれば、そのネットカジノは違法となります。
難しいのは、きちんと海外の正規ライセンスを所持していたとしても、胴元は日本に拠点を置いているネットカジノです。

「日本にいてライセンスを所得できるわけがない」と思われるかもしれませんが、ライセンスによっては発行国以外に拠点を持つことを認められている場合があります。
過去に実際に起こった「ドリームカジノ事件」では、ライセンスは持っていましたが、拠点を大阪にしていたことから、運営者が摘発されています。
プレイヤーは逮捕をま逃れましたが、警察から厳重注意と指導を受ける事態となってしまいました。

ドリームカジノ事件では、あたかも住所は海外にあるという内容をサイト内に記載されていたため、プレイヤーからしてみれば騙されたようなものです。
しかし今後同じような事件が発生した場合、プレイヤーも知らなかったでは済まされない可能性もありますのでご注意ください。

ライセンス不所持で運営するネットカジノ

ネットカジノを開設し運営するためには、合法国の政府や政府機関が発行するゲーミングライセンスの取得が必要不可欠です。
もしゲーミングライセンスを所得せず、無許可でネットカジノを運営するのは国際的に違法行為であり、摘発の対象となります。
そのような違法ネットカジノを日本国内からプレイすることで、いくら海外に拠点を置いていたとしても違法となり、プレイヤーも逮捕されてしまう可能性があります。

ネットカジノのゲーミングライセンスは、必ずサイト内に発行国や発行年月日が表記されていますので、実際に登録する前に必ず確認しておくことが大切です。

自分のアカウントを第三者に使わせる

自分のアカウントを第三者に使わせる
ネットカジノに登録した自分のアカウントを使ってプレイすることに違法性は全くありませんが、そのアカウントを第三者に使わせるのは止めておいた方が無難です。

そもそもネットカジノの利用規約に「本人以外が同じアカウントを使用するのは禁止する」としっかり明記されています。
ネットカジノの規約違反でもありますし、国内の法律でも違法性が問われます。
たたアカウントを使ってプレイするだけなら規約違反だけで済みますが、もしそこにお金の受け渡しがあった場合、完全なる違法行為となります。
最悪は賭博開帳図利罪という重罪となり、重い刑事罰を課せられてしまう恐れがありますのでご注意ください。

まとめ

今回の記事では、ネットカジノに日本の賭博法が適用されて違法と見なされることはあるのかについて、いくつか例を用いてご紹介させていただきました。
ネットカジノを国内でプレイするのは違法ではありませんが、店舗型のインカジ店で遊ぶのは完全な違法行為であり、賭博罪が適用されます。

また同じネットカジノでも胴元が国内にあったり、ライセンス不所持で運営しているネットカジノで遊ぶのも違法となります。
そして今自分自身で使っているネットカジノのアカウントを第三者に使わせ、そこにお金のやり取りが発生した時点で賭博開帳図利罪となり違法性が認められてしまいますので十分にご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です